XM口座のメリットを徹底解説!負け犬トレーダーでも勝てるようになる秘密とは?

XMのメリット

XM口座には国内口座には無いメリット、デメリットがあります。

それらを正しく理解すれば、安心してXM口座を利用することができます。

 

本記事では、「FX歴4年&XM口座歴3年の現役トレーダー」がXMのメリット、デメリットXMが優れている理由をあなたに伝授します。

💡この記事で分かること
XM口座のメリット【勝てる秘密】
XM口座のデメリット
XM口座が国内口座より優れている理由

XM口座のメリット【勝てる秘密】

XMには「海外口座だからこそ」のメリットがたくさんあります。

XMメリットまとめ
・豊富な入金ボーナス
・取引毎にポイントが貰える
・最大レバレッジ888倍
・借金リスクがゼロ

それぞれ解説しますが、どれもトレードを有利にすることができる魅力的なメリットです。

豊富な入金ボーナス

入金ボーナスとは国内口座でいう「キャッシュバック」のようなものです。

比較の為に国内口座のキャッシュバックの例を挙げてみます。

国内口座のキャッシュバック例
・口座開設
・最低50000円の入金
・1000Lotの取引

これらを満たせば2万円のキャッシュバック
※ただし期限は口座開設から1か月以内のこと

細かい内容は各社で違いますが、大体はこんな感じです。

 

いつも疑問に思うのですが、この条件ってかなり厳しくないですか?

だってFX初心者に「5万円で1000LOT取引しろ、期限は1か月な」って言ったら、あなたは出来ると思います?

単純計算で毎日50LOT程の取引が必要になるので必然的にスキャルピングをするしかないのですが、初心者がスキャルピングをしたら確実に負けます。

だってそもそも相場にも慣れていないし、資金が一瞬で上下する光景なんて彼らには初めてなんです。

キャッシュバック条件を達成したとしても、資金は大幅に減ってしまい、さらに言うとキャッシュバック条件を達成する前に資金を溶かして退場している可能性もあります。

 

では、本題となるXMの入金ボーナスについて説明します。

XMの入金ボーナス
①口座開設だけで3000円が口座に追加される
②初回の5万円までは100%ボーナス
③5万円以降は20%ボーナス(最大225万円)

 

3種類の入金ボーナスがあるので、分かりやすくする為、上の条件を実際の金額(10万円の入金)で例えます。

入金の10万の口座開設ボーナスの3000円②のボーナス5万円③のボーナス1万円
16万3000円

XM口座を開設して10万円入金するだけで、6万3000円が口座に追加されることになります。ぶっちゃけ、国内口座ではありえない量のボーナスです。

※さらに②の100%ボーナスは定期的(年に2回位)にリセットされ、再度ボーナスを受けることができます。
国内口座のキャッシュバックが初回限定なのと比べたら、かなり嬉しいボーナスですよね。

取引毎にポイントが貰える

また、ボーナスは入金時だけではなく、取引を行うごとに「XMP」という形で発生します。

XMPとは
・取引毎に必ず発生
・1Lot(10万通貨)の取引で最大20XMP付与
・クレジットに交換する際はXMP÷3(ドル換算)

※クレジット・・・XM内の取引でのみ使えるお金のことで、出金はできませんが取引に使う分には現金と同じ扱いになります。

 

これも分かりやすく金額で表してみます。

1Lot取引で+20XMP付与
20XMP÷3=6.66ドル≒733円

 

1Lot取引するだけで733円資金が増えることになります。

これも国内口座では考えられませんね。

「トレードで負けていても、貯まったXMPのおかげで損失分をカバーできる」なんてことも実際にあります。

最大レバレッジ888倍

「888倍のレバレッジがどんな感じか想像できない!」っていう方もいると思います。

確かに普段みなさんが使っている国内口座は最大でも25倍ですから、それと比べたら888倍は桁が違いすぎて想像しづらいですよね。

実際に5万円の資金での取引で考えてみると、次の表のようになります。

どうでしょう?

同じ資金でも口座の違い(レバレッジの違い)で、利益の増え方が全然違うのが分かりますよね。

(※もちろんハイレバはリスクが高いので、注意が必要です)

 

また、国内口座の主流は最低取引通貨量が1万通貨ですが、その場合は最低でも5万円程度ないと取引できません。

一方、XMは1000通貨から取引できるので、200円程あれば取引できます。

借金リスクがゼロ

FXで一番怖いのが借金リスクです。

相場が急変動した場合、FX業者の決済が間に合わず口座資金以上の損失を出してしまうことが毎年のように起こっています(=追証)。

国内口座を使うかぎり上記の追証発生リスクは避けられません。

しかしXMは「ゼロカット」というシステムがあり、口座資金以上の損失は発生しない仕組みになっています。

※詳しい内容は以下の記事にまとめたので、ぜひご覧ください。

FXで「追証なし」は最低条件!知っておくべき借金リスクを無くす唯一の方法とは?
あなたは「追証」対策できていますか?ほとんどの人が知らない事実ですが、fx最大のリスクである「追証」を回避するには追証なしの口座を使うしかありません。この記事では、様々な種類の口座を使用した現役トレーダーが、追証問題の解決方法を解説します。

XMのデメリット

メリットだらけのXMですが、デメリットが一点だけあります。

それは「スプレッドか大きい」ことです。

 

ドル円を例にしてみると、国内口座のスプレッドは0.3pipsが平均的ですが、XMの場合は1.6pipsと5倍程違いがあります。

※なんでこんなに差があるの?と思われる方は、すぐ上で紹介した記事をご覧ください。

 

一見大きすぎると思えるスプレッドですが、XMはこのスプレッドを補えるほどのメリット(入金ボーナスとXMP)がありますので、私はスプレッドの高さは特に気にしていません。

ドル円のスプレッド1.6pipsの場合、1Lot(10万通貨)分だと1600円になりますが、メリットの項目で説明した通りXMPが733円貰えるので、実際のスプレッドを金額で計算すると1600円-733円=867円≒0.8pips
となります。
つまり、1Lotの実質取引コストは0.8pips程度になります。

 

このように、XMにはデメリットを凌駕するだけのメリットがあるんです。

まとめ

本記事では以下のことを解説しました。

✅XMのメリット
・豊富な入金ボーナス
・取引毎にポイントが貰える
・最大レバレッジ888倍
・借金リスクがゼロ
✅XMのデメリット
・大きいスプレッド

 

国内口座にはない「豊富なメリット」は一度体験すると、もう国内口座には戻れません。

現に私もXM歴が3年程になりますが、XM口座以外でFXをする気はサラサラありません(笑)

それくらい魅力的ってことです。

XMの口座開設は以下からできます⬇

公式サイト XM Trading™
※無条件で3000円ボーナス
※口座開設はネットで5分
※完全日本語対応
口座開設方法 XM口座開設マニュアル

コメント

タイトルとURLをコピーしました