「トレードルール」を作らずにするFXトレードは無意味だと気づこう

みなさんは何を基準にトレードしていますか?

なんとなく上がりそう(下がりそう)だからです!

一番ダメな答えじゃねぁか!

え?他に基準なんてあるの?

・・・
まぁこいつの答えは置いといて、トレードで一番大事なのは「トレードする明確な根拠がある」ことなんだ。

トレードする明確な根拠?
根拠って何?

この場合の「根拠」=「自分が決めたルールに則った」ということだな。

自分が決めたルールを基準にトレードができればいいってことね!

そういうことね

FXをする上で手法より大事なのが「トレードルール通りにトレードできていること」です。

 

初心者の人ほど勝てる手法を見つけようとしますが、手法探しよりも先に「トレードルール」を作成しましょう。

トレードルールがあるかないかは、普段しているトレードの価値に直結します。

負けが許される初心者の内に、色んな種類の失敗をしながらルール作りに励んだほうが、今後の成長スピードが段違いで早くなります。

 

いきなり「トレードルールを作れ」と言われてもよく分からないと思うので、

どんなトレードルールを作成すればいいか分からない!

という方向けに、私のルールを例に挙げて解説していきます。

資金管理

自分にとっての少額でトレードする

これが一番大事なルールです。資金に対して適切なロットを守らないとすぐに資金を失うことになります。

過去の大きな失敗はほとんどこの資金管理のルール違反のせいです。

適正ロットでコツコツ利益を積み上げられる

自分のトレードスキルを過信する

チャンスと思える場面で大きなロットでエントリーする

慣れないロット数のせいもあり、トレードは失敗し損切りする

いくら利益をコツコツ積み上げても、この一回の失敗でその利益が無くなります。

典型的なコツコツドカンで、いくら勝率がよくても意味ありません。驚異的な破壊力です。

 

自分はこの流れの失敗を何回も繰り返していました。この失敗がなければ資金を溶かすことはなかっんじゃないか?とも思います。

ですのでこの失敗だけは2度としないように、エントリーの前には必ずロット数の確認をしています。

逆にこれを守れば初心者でも資産をコツコツ増やすことができます。

エントリー条件

ファンダメンタル排除

我々一般トレーダーはファンダメンタルをなるべく排除し、自分の経験と手法を武器にトレードしなくては勝てません。

なぜならファンダメンタルをエントリーの基準にすると、情報に振り回されて根拠の無いトレードをしてしまうからです。

詳しくはこちらの記事に書いてあるのでご覧ください。

時間足は長いものにする

これの理由は大きく2つあります。

まず1つ目ですが、自分はサラリーマンで帰宅後は子供が寝るまで育児と家事をしています。

ですので、チャートを見続けるようなスキャルピングをしている時間はありません。

 

具体的にはスイングトレードをしており、東京、ロンドン時間にスマホでチャートの動きを確認して、夜にエントリーできそうになったらエントリーするといった感じです。

エントリー後も数時間おきにチェックする程度しか相場に参加できないので、どうしても長い時間足でしか参加できません。

 

2つ目としては、短時間足ではチャートに騙しが頻繁に発生していてなかなか勝てないことが挙げられます。

これはこちらの2つの記事に詳しく書いてありますので、そちらをご覧ください。

ブレイクアウトには飛び乗らない

これが一番効果が実感でき、これを守るようになってから勝率が上がりました。

ブレイクアウトは騙しが多く、よく引っかかっていました。

 

騙しでないブレイクアウトの場合、上手く飛び乗れば大きな利益をとれることもありますが、最近の相場ではなかなか無いので狙わないほうが無難です。

押し目買いor戻り売りのみ

ブレイクアウトに飛び乗らないこととほぼ同義になります。

普段のトレードでこの押し目買い、戻り売りを意識するようになると、「保有ポジションが含み損になっている時間」が少なくなりました。

 

相場の「天井」、または「底」付近でポジションを持つことができるので優位性が高く、安定したトレード成績になります。

利確、損切り条件

大きい含み損になったら建値で逃げる(利益になるのを期待しない) 利確は適当でもOK

損切りと利確に関しては、絶対守るルールとして「資金を多く失わない損切りにする」のみを挙げます。

他にも細かいルールもありますが、このルールだけは必ず守ります。

 

逆に利確はあまりルールを決めておらず、その都度相場に合わせて柔軟に対応していけばいいかなと考えています。

まとめ

以上が現時点での自分ルールです。最低限これらのルールだけは守らなければなりません。

もし、このルールを守っても結果が芳しくない場合は一部のルールの見直しするかもしれませんが、その際見直すのはテクニカルの手法のみで、資金管理と損切りだけは変えるつもりはありません。

過去にもルール設定はしていたのですが、スマホのメモ帳にメモしていた程度で、「必ず守る!」とまでは思っていませんでした。

その結果、ミスを繰り返してトレードに感情が入り、資金を失う失敗を何度も繰り返していました。

しかし、こうして手間をかけてブログに書き記すことで、ルールの再確認やルールを守る重要性が見えてきた気がします。

みなさんもそれぞれの「自分ルール」をお持ちだと思いますが、改めて見つめ直してみてはいかがでしょうか?

自分のトレードを客観的に見ることができ、失敗トレードを無くせることに繋がるはずです。

 

 

それでは、最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました