FXにおける損切り貧乏は「たった一つの行動」で防げます

みなさん損切りで悩んでいませんか?

初心者に多い損切りの悩みとしては、

・損切り貧乏

・一回の損切りで多くの資金を無くす

この2つがほとんどだと思います。

今回はこの悩みの解決方法を書いていきます。(私も実際に取り入れています)

損失の決め方

トレードをする上で損失は絶対に防げません。

ですので、その損失を自分の資金量にあった適切量にすることが大切です。

実際に下の図で,適切な損失の決め方を考えてみましょう。

で買いエントリーし、損切りは直近安値のちょっと下に決めたとします。

この時の買いエントリーが101円、損切り位置が100円となります。

この損切り位置の決め方は教科書通りで、全く問題ありませんよね。

 

重要なのは、このエントリーをした時のロット数になります。

資金10万円の場合で考えます。

ロット数が2万通貨の場合・・・損失は2万円(資産の20%)

ロット数が5000通貨の場合・・・損失は5000円(資産の5%)

当然の結果ですが、同じ損切り位置でも損失量が変わりますよね。

我々がコントロールするのはこの損失量です。

 

なぜかというと、損切り位置はチャートに決められてしまい、自分でコントロールすることはできません。

でもロット数は自由に設定できますよね?

ですので、このロット数を上手にコントロールすることで、損切り位置に合った適切な損失量を決めることができます。

 

同じ損切り位置でも、なにも考えずにエントリーしていたら損失は大きくなり、逆に損失量をしっかり考えてエントリーすれば少ない損失で済みます。

エントリーする前に損失を決めよう

エントリーする前に損切り位置を決めるのは当然ですが、もう一個、損失量(ロット数)もエントリー前に決めてしまいましょう。

そうすることで損失量をコントロールすることができ、想定外の損失が発生しなくなります。

想定内の損失しか発生しないので、トレード計画が立てやすくなり、メンタルも安定しやすくなります。

 

私がエントリーする前はこんな風に考えてからエントリーしています。

ここでエントリーしたら損切り位置はここになるな

ならロットをこれだけにしておけば、ちょうどいい損失量になるな

こんな感じでエントリー前に決めるだけで、資金を守ることができます。

 

※注意点として、相場が急に動いた時に乗り遅れないようにエントリーしてしまった場合、ロット数が適正でない場合が多くなってしまうので、飛び乗りはしないように気を付けましょう。

 

 

以上のように、損失をちゃんとコントロールできれば、少なからずトレードに良い影響を与えることになるので、初心者トレーダーは必ずこの考え方を取り入れましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました