ライントレードとは?全てのトレードの基礎となる手法です

私のトレードの主幹であり、基本のトレード方法であるライントレード。
そのライントレードの紹介と使い方を説明します。

初めに、ライントレードとは、チャートの高値や安値に文字通りラインを引きトレード予測をする手法です。
数あるトレード手法の中で最も有名であり基本でもあり、まずはこの手法を理解することが、チャートの分析の第一歩になります。

基本のラインの種類

基本のライン種類は
・水平線ライン
・トレンドライン
の2つになります。

水平線ライン

水平線ラインは文字通り水平にラインを引きます。
引く場所は高値と安値になります。

上記のように、チャートに高値ライン(レジスタンスライン)と安値ライン(サポートライン)が引けます。チャートが高値ラインで何度も抵抗(レジスタンス)しており、安値ではサポートされているのが分かります。この水平線ラインは主にレンジ相場で力を発揮し、高値ラインで売り、安値ラインで買いを行います。
また、このラインはブレイクアウトの判断基準にもなり、下図のように何度も跳ね返されていた高値ラインを上抜けた場合、相場は上昇トレンドになったと考えられます。

トレンドライン

トレンドラインはトレンド相場で効くラインです。

上記のように、上昇トレンドが発生している場合、高値、安値それぞれ斜めのラインを引くことができます。これがトレンドラインです。この場合は安値のトレンドラインで買い注文し、高値のトレンドラインで売り決済します。高値で売り注文し安値で買い決済でもよさそうですが、上記チャートは上昇トレンドなのでそれでは逆張りになってしまい、利益が取りにくくなりますのでおススメしません。

だましに注意!!

水平線ラインとトレンドラインは割と分かりやすく、初心者でも簡単に引くことができます。だからといってそのラインに従ってトレードすれば簡単に勝てるわけではありません。必ずだましが存在します。
例えば下の図

 

高値ラインを上抜けた場合、本来なら上昇トレンドとなり上昇する形が基本の考えなのですが、実際は下図のように

高値ラインがサポートラインとならず、さらに安値ラインも抜けて下降していく場合があります。これがだましです。実際の相場はこのようなだましが非常に多く、「高値を超えたから上昇トレンドだ!」と投資家に思わせ買いを集め、一気に反対方向に相場が動いていき損ぎりということが多々あります。

このようなだましを回避するには、ラインを上抜けまたは下抜けした際にすぐに「買いだ!!」などと飛び付かないことです。飛び付いたら格好の餌食です。
ではいつトレードするかというと、下図のように一旦上抜けたあと、今まで高値ラインだったラインまで下落し、そのラインで反発して再度上昇した時に買いで入ります。

この場合は高値ラインがサポートラインに変わったことが確認でき、上昇トレンドの確立が高いです。

まとめ

ライントレードは考え方が簡単で分かりやすく、実際のチャートでもすぐに実践できる手法です。また、だましに注意することで勝てる確率がぐんと上がります。大事なのは焦らずチャンスを待つことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました